クレジットカードの入会審査に落ちた時の対策

入会審査に落ちる原因と対策

 クレジットカードを申し込んだものの、審査に落ちてしまった場合には様々な原因が考えられます。審査に落ちた理由は直接教えてもらうことはできませんが、心当たりのある原因を改善して再度申し込むことで、審査に通る場合があります。

 審査に落ちる原因は以下のようなものが考えられます。

 

1.収入が低い

 審査に通りやすいクレジットカードでも、やはり支払い能力がないと判断されてしまうと審査に落ちてしまいます。すぐに収入を増やすことは難しいので、収入の安定している家族にカードに入会してもらい、そのうえで家族カードを作ってもらうことでクレジットカードを入手できます。

 またクレジットカードとは少し違いますが、収入が低くてクレジットカードを作れないけれど、どうしてもクレジットカードが必要な場合は、クレジットカードと同様に使用できる「楽天銀行デビットカード」を利用するという方法もあります。

 

2.過去にローン返済やカードの支払いを滞ってしまった

 過去にローン返済やカードの引き落とし日に口座の残高不足等で支払いができなかった場合、信用情報機関に記録が残ってしまうため、クレジットカードの入会審査ではねられてしまうことがあります。

 この信用情報の延滞記録は最大で5年間保存されています。そのため、ローン返済やカード支払いの延滞が原因で審査に落ちてしまった場合は、延滞記録がクリアになってから再度申し込むと審査に通ることがあります。

 

3.クレジットカードの総与信枠が大き過ぎる

 クレジットカード会社は、カード申込者の収入や属性、クレジットカードの利用状況などに応じて、その人が毎月利用できるクレジットカードの限度額を決めます。これを与信枠と言います。また、クレジットカードを何枚も持っている場合、全てのクレジットカードの与信枠を合計した額を総与信枠と呼びます。

 クレジットカード会社が審査をする際、申込者がすでに所有しているクレジットカードの総与信枠を確認します。クレジットカード会社が信用情報機関に個人信用情報を照会すると、カード申込者の所有するクレジットカードに設定されている利用限度額が記載されているので、総与信枠を把握できるのです。

 もしこの総与信枠が、クレジットカード会社が独自に設定している総与信枠の限度を超えてしまうと審査に落ちてしまうことがあります。この場合、他のクレジットカードの利用限度額を減らしたり、使わないカードを解約すれば、新たに与信枠に余裕が生まれるので、審査に通りやすくなる可能性があります。

 

デビットカードなら審査に通りやすい

 クレジットカードの審査に落ちてしまったけれど、クレジットカードが必要な方は「楽天銀行デビットカード」の利用をオススメします。

楽天デビットカード

 デビットカードはクレジットカードと同じように買い物の支払いに使用できます。クレジットカードとの違いは引き落とし方法にあります。

 クレジットカードでは1ヶ月分の使用金額を月1回まとめて口座から引き落とされるのに対して、デビットカードではカードを使用したときにその場で口座から引き落とされます。したがって、デビットカードで買い物をする場合、口座の残高が足りないと使用できません。

 デビットカードの口座開設にも審査はありますが、引落し口座にある金額以上は利用できないので、クレジットカードよりも格段に審査に通りやすいです。クレジットカードの審査に落ちてしまった場合はデビットカードの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

 楽天銀行デビットカード(JCB)は楽天のクレジットカードとは異なり、海外旅行傷害保険はつかず、ETCカードも発行できませんが、年会費無料買い物金額の1%分の楽天スーパーポイントがつきます。デビットカードの中でも特にオススメできる一枚です。

 

楽天銀行

 

公開日:
最終更新日:2016/06/16